元ITベンチャー経営ニートの本音ブログ

元ベンチャーITで経営者でしたがニートになった男の本音日記です。ウェブ活用とか人の裏側とかモチベに関して話すよ。

稼げる人と稼げない人の決定的な違い。

f:id:neethonne:20190329043726p:plain

どうも、ニートっす。

 

Twitterを始めて10日目、フォロワーは1000人近くになった。

正直な所、俺は今日の時点では1000人到達は最初のうちは諦めていた。

増加ペース的に無理だと判断していたし、そこが重要だとは思ってなかったからな。

 

 

ただ、ハニー船長のおかげで火が着いて

実際に俺も10日目で1000人集まってくれたら嬉しい!っていう気持ちを全面に出せた。

 

 

結果的に1000人近くの人が集まってくれたし、

多くの人が応援してくれた。

 

これが見れただけでも正直に感無量だな。

 

 

新しい人とは繋がれたわけだし

俺は俺なりの本音を書いていこうと思う。

 

今日は、稼げる人と稼げない人の本質的な違い。に関して話していく。

 

 

興味があったら見ていってくれ。

 

ちなみに、稼げていない人には少し耳が痛い話になるかもしれない。

その点だけは、覚悟しておいてくれ。

 

 

稼げる人と稼げない人の決定的な違い。

 

お金を稼ぎたい!!

 

そう思う人はたくさんいるし、実際に動き出す人もたくさんいるよな?

 

そして稼いでいく人もいれば、

ずっと稼げずにくすぶってしまう人がいる。

 

 

この違いは何なんだろう??

 

俺はずっと疑問に思っていた。

 

 

別にどちらの人も「お金を稼ぎたい」とは思っているはずだ。

 

その熱量に違いがある??

→それは確かに一つだろう。

 

お金を稼ぐ能力があった?

→それもあるな。

 

行動量に大きな違いがあった?

→確かにこれは近いが、稼げてない人も動いてはいるぞ。

 

 

多くの人を見ていてわかったことだが、この決定的な違いは

 

「自分が100%自己責任でお金を稼ぐと決めて動いたかどうか?」

 

ここにあるとわかった。

 

 

つまるところ、お金を稼ぐ責任を持って動いていたのか?ということだ。

 

 

なんとなくブログを書いて

なんとなく記事を沢山作って

なんとなくいろんな事を調べて

なんとなく動いている。

 

ハッキリと伝えておくぞ。

 

「なんとなくで動いている人の所にはお金は集まることはない」

 

 

別にこれは咎めているわけでも、叱っているわけでもない。

 

これは、単純な「事実」なんだ。

 

 

例えば、受験勉強を思い浮かべてもらいたい。

 

どの学校に行くのかもなんとなく決めて

どういう勉強をしたら成績が上がるのか?もなんとなくで。

とりあえずなんとなく勉強して。

受験前もなんとなく過ごして受験した。

 

この人が志望校に受かるのか??と言われたら

 

「受からないとは言わないけども、受かる!!とは言えない」よな??

 

 

 

次は、洋食のランチを出している飲食店を思い浮かべてもらいたい。

 

料理に使う野菜などの材料・産地

お店をかまえる場所の人通りの多さ、立地、顧客層

利益率を計算して、何人の人が来れば利益が上がるのか?

料理自体をプロ意識を持って作っているお店

 

 

それら全てを、別に考えていないわけではないが、それなりに考えた飲食店。

 

 

値段が同じならば、どっちのほうに自分が行きたいか??を考えてみてもらいたい。

 

当然、選択するのは前者の方だろう?

 

 

こういうのと同じなんだ。

 

 

勝つ人は、勝つべくして勝っている。

 

「なんとなく」やっている人は「なんとなく」結果が出るのを待っている。

 

自分のところに偶然お金が入ってくるのを待っているんだ。

 

 

だけども、自分で選択する時を考えると分かるんだが

人は選択をする時に「なんとなく良さげの方」を選ぶ。

 

 

だから仮に何となくやって収益が入ってきた。

これで稼げたお金というのは「運が良くて」入ってきたお金であって

 

「自分が稼げたお金には成りえない」んだ。

 

さっきの飲食店で言えば、

後者の方が偶然気になったから入ってきた。程度の偶然だ。

 

 

もちろんお客さんが来たこと、収益が出たことは喜ばしいことだが

 

収益に偶然を期待することは

お金を稼ぐことを他者任せにしているという証明に過ぎない。

 

来月ボーナス出たら良いなーと思っているのと一緒だ。

 

別に思うことが悪いこととは言わないが、

それでボーナスが出なくとも文句は当然言えないだろう。

 

 

何度も言うが、俺はなんとなくやっていることを咎めるつもりは毛頭ない。

別に適当な気持ちでブログとかビジネスやるな!とか言うつもりもない。

 

誰だってはじめは「ちょっと稼ぎたいなー」とか

「それで収益が入ればいいな」っていう流れから入るんだ。

 

その気持は素晴らしいものだし、ワクワクを大事にしてもらいたいと思っている。

 

 

だから別に「自分自身を変えないと!!」と思う必要はまったくない。

 

 

重要なのは

なんとなくの「偶然」でお金が入ることを期待するのは

実は宝くじを期待するのと同じ。

 

という事実を「知っておく」ということなんだ。

 

 

じゃあ、実際に稼げる人になるためには何をしたら良いのか?

というと、これは簡単で

 

「なんとなく」ではなくて「自分で稼ぐための行動」をすることだ。

 

さっきも言ったが「自分の内面や気持ちを変える必要」は全く無い。

 

「内面を変える!!」って気合を入れて

自分の心の持ちようが変わったら、今頃みんな億万長者だ。

 

 

だから内面はそのままでいい、基準値を高めようとする必要はない。

 

 

ブログでアクセスを集めるならば、

例えばどんなネタのほうが見られる傾向があるのか?

自分は普段からどんな記事を見ているか?

 

Twitterのフォロワーを集めたいなら、

どんな人にフォロワーが集まるのか?

自分はどんな人をフォローしたいと思うのか?

 

アフィリエイトで物を紹介するならば

どんな物を、どういう形で紹介したら買ってくれるだろうか?

自分が体感していると感じたレビューのほうが、買っていないだろうか?

 

 

こういう事を、一つ一つ考えて

自分で稼ぐために一歩ずつを積み重ねるんだ。

 

そういう事をしていると、ブログにしても段々

【稼げる人のブログ】と【稼げない人のブログ】の違いも見えてくるようになる。

 

 

そうやって

何となく稼ぐ から 自分で稼ぐ になっていくんだ。

 

 

色んな思いがあると思うし、今君の考えていることを俺がわかるはずもないが

 

最終的には「自分で稼ぐ力」を身に着けたいと思っている人は多いだろう。

 

 

 

「何となく稼ぐ」じゃなくて「自分で稼ぐ」

 

 

同じ「お金が稼ぐ」でも

この違いを知っておく事は凄まじく重要だ。

 

 

もし君が稼ぎたいと思う人ならば

是非覚えておいてもらいたい。

 

 

 

PS,ちなみに今日の話は

お金を稼げずに燻っている「良い人」の話だ。

 

基本的に能力があるけども稼げていないやつ。というのは良い人が多いんだ。

 

優しいからこそ、強く動けないという悪循環に陥っているパターンだな。

 

「お金を貰うことの覚悟も1ミリも全く考えずして、稼ごうとしてる人」は

俺は正直良い人だとは思っていない。

 

ソッチのほうが倫理観がないから稼げてしまうパターンも往々にしてあるんだが、

そういう人はこの記事を見てもなんとも思わないだろうしな。

 

 

 

PPS、偉そうな記事で気分を害したら済まないな。

ちなみに俺はこんなやつだから、気になったら見ていってくれ。

www.neetnohonne.com

 

 

 

 

この記事を、君の人生の糧にしてくれることを期待する。

 

 

 

 

んじゃ。

 

 

 

俺のデビュー作note【凡人のTwitter行動録】が公開中だ。

途中で値段を書いたが、俺の一日を33円で買える価格になっている。

 

もし君がTwitterを活用して楽しんで結果を出したいって場合は

何かしらの参考になることは約束する。

 

手にとって貰えれば幸いだ。

f:id:neethonne:20190419200501p:plain

 

 

 

※過去に書いた記事はこんなんだ。

6年前にウェブで100万稼いだ方法を教える。

商売の肝を勘違いしてる、ネットビジネスのカス共 

ブログで稼ぎたいってやつにまず知ってもらいたい2つのこと。

ブロガーにおすすめの初手で数万円稼ぐ方法【閲覧注意】

俺がTwitterをやりはじめて、参考にしている人たち(その1)

Twitterの有料noteへ年商1億ニートが本音をぶちまける。

 

 

Twitterで主に活動してるから絡んでくれよな!!

twitter.com